天海祐希は宝塚時代に伝説を作り人気度も凄かった?トップスター時の動画もチェック

天海祐希は宝塚時代に伝説を作り人気度も凄かった?トップスター時の動画もチェック

 

 

天海祐希さんが元宝塚の出身というのは有名なんですけど、宝塚時代はトップスターで現在もトップ女優として男性からも女性からも幅広い世代から人気がありますよね。

 

そんな男女関係なく人気の天海祐希さんの宝塚時代に作った数々の伝説やどれくらいの人気度だったのかや当時の動画が気になったので!

 

  • 天海祐希さんが宝塚時代に作った伝説とは?
  • 天海祐希さんの宝塚時代はどれくらいの人気度だったのか?
  • 天海祐希さんの宝塚時代の動画は?

 

など。この記事では、天海祐希さんの気になる部分をチェックして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

天海祐希さんの現在までの経歴や簡単なプロフィールをチェック!

 

天海祐希さんって、美人で男勝りって感じがするんですけど、出身が東京都台東区というこで江戸っ子気質もあり兄弟姉妹も兄と弟と男兄弟の中で育っているので、男勝りの性格に見えるのかもしれませんね!

 

そんな男勝りが役でも現れるのか、ドラマでも「BOSS」や「離婚弁護士」、「緊急取調室」など組織のボス的存在の役が多く感じましたね。

 

 

まずは、美人で老若男女に人気の天海祐希さんの簡単なプロフィールからチェックして行こうと思います。

 

  • 名前:天海祐希(あまみゆうき)
  • 本名:中野佑里(なかのゆり)
  • 生年月日:1967年8月8日
  • 年齢:53歳
  • 出身地:東京都台東区東上野
  • 身長:171㎝
  • 活動開始時期:1987年~
  • 所属事務所:研音

 

宝塚歌劇団には、いろいろルールがあることも知られていと思うんですけど、芸名に関しては入団前に決めておかないといけないというルールがあるって知ってましたか?

 

芸名といえども、これから活躍するうえでずっと使っていく名前なんで簡単には決められないですよね?

 

天海祐希さんは、芸名を決めるさいに父親に相談したそうで、漢字4文字で本名から一字「祐」と希望の「希」から候補として2つあったようです。

 

  • 天海祐希(あまみゆうき)
  • 木条祐希(きじょうゆうき)

 

天海祐希さん的には、男らしいということで「木条祐希」に決めようと思っていたようですが、副校長の助言で「天海祐希」にしたそうです。

 

副校長の助言というのはスケールが大きい方がいい」ということでした。

 

スポンサーリンク

 

天海祐希が宝塚時代に作った伝説とは?

 

  • 天海祐希さんは、宝塚音楽学校を首席で入学をし首席で卒業している。
  • 天海祐希さんのお母さまが宝塚関係者に「よくぞ産んでくださった」と言われてる。
  • 新人公演で入団10か月で主役に抜擢されている。
  • 初舞台から6年半でトップスターに異例の速さで駆け上がっている。
  • ファンに説教をし媚びなかった。
  • 宝塚音楽学校の厳しいルールを変えてしまった。
  • ファンに格差を付けなかった。

 

数々の宝塚歌劇団の掟やルールを変えてしまうなんてやっぱり天海祐希さんは男勝りのかっこいい女性なんだなっと思ってしまいますね。

 

次に、そんな天海祐希さんがどれくらいの人気があったのかチェックして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

天海祐希の宝塚時代はどれくらいの人気度だったのか?

 

現在の天海祐希さんは人気女優なんですけど、宝塚時代はどうだったのかというと同期の中ではダントツに人気度が高かったです。

 

同期の中でも、人気のあった姿月あさとさんと比べてみても天海祐希さんがトップになったころにはまだまだ上には上がって来ていませんでした。

 

天海祐希さんがどれだけ人気があったのかはわかりますよね。

 

でも、天海祐希さんがとんでもない速さでトップに駆け上がったので、姿月あさとさんが遅かったわけでもなく天海祐希さんがただただ凄すぎただけなんです。

 

次に、そんなダントツ人気を誇っていた天海祐希さんの宝塚時代の動画をチェックして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

 

天海祐希の宝塚時代の動画は?

涼風真世,天海祐希 「ベルサイユのばら~オスカル編~」

 

ベルサイユのばら'91 月組「愛あればこそ」

 

現在は美しくてかっこいい天海祐希さんなんですけど、宝塚時代はかっこよすぎて宝塚にハマる人の気持ちがわかりますね。

 

スポンサーリンク

 

合わせ読んで欲しい記事も少しだけ紹介!

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました