陽はまた昇る(映画)の動画は観れない?無料フル視聴する方法!

陽はまた昇る(映画)の動画は観れない?無料フル視聴する方法!

陽はまた昇る(映画)といえば、西田敏行さんが主演した世界規格となったVHSビデオの開発秘話を映画化した感動作!

 

あなたも、陽はまた昇る(映画)を無料でフル視聴する方法を探していますか?

陽はまた昇る(映画)の動画をなんとか無料で見れないか探してるんだけどいい方法はないのかなぁ?

 

動画配信サービスのU-NEXT使ってるけどオススメだよ!陽はまた昇る(映画)も無料で見れるし、31日間の無料トライアル期間があるからもし気に入らなければ期間中に解約しちゃえばお金もかからないよ!

ホントに無料なの?早速U-NEXTをチェックしてみるわ!

 

 

この記事では、陽はまた昇る(映画)の動画を安心安全に無料で視聴する方法をご紹介していきます。

陽はまた昇る(映画)が無料で視聴できる動画配信サービスは?

陽はまた昇る(映画)の動画が配信されている動画配信サービスをまとめてみました。

動画配信サービス 配信状況
Hulu
U-NEXT
dTV ×
Paravi ×
FODプレミアム ○(ポイント必要)

陽はまた昇る(映画)が見られるのはHulu、U-NEXT、FODプレミアムの3社で配信されています。

 

その中でも一番オススメなのはU-NEXTです。

 

18万本以上が見放題とダントツに多いことや無料トライアル期間が31日間と長く、動画以外にもマンガや雑誌も見れちゃうから断然お得なんです。

 

無料トライアル期間内であれば、陽はまた昇る(映画)はもちろんのこと、他にもたくさんの動画を無料でイッキ見することができますよ!

 

無料トライアル期間が終わると自動的に有料コースに切り替わるので、注意してくださいね。

*2020年5月調べ、最新情報は各種動画配信サービスでご確認ください。

U-NEXTのおすすめポイント

陽はまた昇る(映画)のフル動画を無料で視聴するには1番U-NEXTがおすすめです!

U-NEXTのおすすめポイントをチェックしてみたよ!

  • 180,000本以上の動画が見放題!
  • 毎月1,200円分のポイントがもらえる!
  • 初回登録から31日間の無料トライアルがある!
  • 動画以外にも80誌以上の雑誌が読み放題
  • 最大4アカウント作れるから家族で分け合える!
  • ダウンロード機能があるからどこでも視聴可能!

U-NEXTの無料トライアル特典がコレ!

U-NEXTってスマホやテレビでも観れるのかな?

スマホはもちろんテレビやパソコンでも見ることができるわよ~

 

もっとU-NEXTのことが知りたいなぁ!

 

陽はまた昇る(映画)の他にもたくさんの作品も見放題!

U-NEXT配信中の人気ドラマ

  • 今日から俺は!!
  • 家政婦のミタ
  • 35歳の高校生
  • 女王の教室
  • デスノート
  • 専業主婦探偵~私はシャドウ
  • SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

2020.5.30時点

U-NEXT配信中のバラエティー番組

  • サンドウィッチマンライブツアー2017
  • 白金台女子ゴルフ部
  • 千原ジュニアのヘベレケ
  • TOKYO BB
  • 8時だョ!全員集合!
  • よしもと新喜劇

2020.5.30時点

U-NEXT配信中の懐かしの邦画

  • ビーバップハイスクール シリーズ
  • 刑事物語 シリーズ
  • 男はつらいよ シリーズ
  • ハチ公物語
  • スケバン刑事
  • あぶない刑事
  • 釣りバカ日誌 シリーズ

2020.5.30時点

 

*こちらの情報は2020年5月現在です。最新情報はU-NEXTの公式サイトよりご確認ください。

 

 

陽はまた昇る(映画)の見どころ

ビデオ規格の覇権争い時代を知る者には懐かしい。

日本人の物作りへの情熱、仕事への姿勢を骨太に描いた本作は、ネットビジネスがもてはやされる今だからこそ再鑑賞したい。

引用元:U-NEXT公式ページ

陽はまた昇る(映画)のストーリー

日本経済がマイナス成長に陥った70年代前半。

日本ビクター本社開発部門に勤める開発技師・加賀谷に、非採算部門である横浜工場ビデオ事業部に赴任し人員整理をするよう指令が下る。

しかし、人材を財産と考える加賀谷は、ある極秘プロジェクトを立ち上げた。

引用元:U-NEXT公式ページ

陽はまた昇る(映画)の出演者

出演

西田敏行  (加賀谷静男)

緒形直人  (江口涼平)

篠原涼子  (柏木夏佳)

真野響子  (加賀谷圭子)

石橋蓮司  (金沢紀之)

倍賞美津子 (村上雅恵)

江守徹   (寺山彰)

渡辺謙   (大久保修)

津嘉山正種 (渡会信一)

國村隼   (小出収美)

 

監督 佐々部清

原作 佐藤正明

音楽 大島ミチル

 

脚本

西岡琢也

佐々部清

 

製作 高岩淡

陽はまた昇る(映画)のクチコミや感想は?

陽はまた昇る(映画)のクチコミや感想をチェックしてみたよ!

ヘッドハンティングされて出て行く若者が、仲間を蔑みぼんくらと言った時、西田敏行演じる部長が若者にパチンッ!と平手打ちする。

そう云う言い方は許さないと、厳父のような姿だった。

今時ならば、パワハラで訴えられる場面だろう。

しかし、若者はなぜか清々しくむしろ嬉しそうに、自分の彼女に叩かれたと報告する。

人間としてのあり方を教えてもらえた喜びが、その社員は感じ取ることが出来たからだろう。

私も、リーダーとしての条件をすべて教えられた気持ちになった。

スマホやパソコンの無い時代だからこその、人間対人間の暖かさが、そこかしこに散りばめられている映画だった。

余談だが、私の父親も早朝に家を出て満員電車に詰め込まれ、深夜に帰ってくる企業戦士だった。

何か家庭を顧みない父親のような気がして、お帰りなさいもまともに言いたくない反抗期の自分がいた。

映画の中の、冒頭父親に対する長男の態度が自分に重なって、申し訳なさで胸が苦しくなった。

今は、庭で盆栽をいじっている丸い背中に、改めて「ありがとうございました」と心の中で言いたくなる映画だった。

 

2017年現在、時代がソフトパワーに移行しつつある今、ものづくり大国「日本」として忘れかけている何かを思い出させてくれるような作品です。

ソフトを魅力的にするにはやはりハードパワーが必要です。

我が家ではいまだ8年前に購入したサンヨーの炊飯器が現役で頑張ってくれています。

さすがに今作品にでているVHSはパソコンに代替わりしました。

インターネットに接続するためのハードが必ず必要です。

国内経済指標は上がっているようですが、最近国内企業が外資系に売却されたり、企業風土がかわって逆に衰退してきた企業もふえているとも聞きます。

みかけは良いが中身が伴わないハードは動きません。

インターネットやテレビの情報に簡単に触れる分、その情報は必要か必要でないか、本当か嘘か。

これを見極めるにはやはり情報そのもに触れる「人」そのものがしっかりとソフトを扱えるハードな「何か」を持ち合わせていないとソフトも活かしきれないとつくづく思います。

今作品はお勧めです。

 

VHS vs ベータ戦争。学生時代、この真っ只中にいました。周りでは「技術のソニー」ベータ機を持っている友人が多い中、菊池桃子のCMに釣られて日立のVHSを買ってしまった。

私。。。当時はすでにVHS3倍速が標準化されていて長時間録画もOKだrた記憶があります。

画質はベータ優勢と言われていましたがレンタルビデオ屋ではすでにVHS勝利確定的と思えるほどVHSが過半数の棚を占めていたと思います。

とまあ、個人的な思い出は置いといて、この映画は日本で働くサラリーマン、特にメーカー勤務の人が一度は憧れる夢を描いたものです。

これが実話とは、当事者にとっては苦しい、辛いことも多々あったとは思いますが、誇りに思える仕事であったのは間違いないでしょう。

そんな「サラリーマンの夢」が詰まった日本映画ならではの臥薪嘗胆からの涙の成功物語です。
こんなリーダーのもとで働いてみたいと思える、良い映画です。

 

この作品を見るのは三回目です。

今ではブラックだ、個人だ、家庭だとよく言われていますが、私の父親世代では妻がなんだかんだと言いながらも家庭を守り夫が安心して仕事に専念できた。

会社は今ほど簡単にリストラせず、ちゃんと仕事をしていれば生活を保障して、結果を出せばそれなりの待遇をしていた“日本式の雇用”を行っていた時代の作品だったと思います。

今のように、下からは搾取のみで簡単に使い捨て、研究開発を怠った目先の採算のみのやり方では労働者の意識も低く、また大手の社員が技術を他国企業に売りに行く“バイト”も減らないでしょう。

実際、売りに行ったことのある人、隣国の買っていた会社のとお話しした事がありますが両者とも“欧米式の経営”に会社が変わってそれが浸透して来てからと言うもの、社会構造ががらりと変わり、今までの“良さ”が失われ、皆努力をしなくなったと言います。

昔と違い個人主張も大切ですが、仕事や会社あっての生活、そして国家あっての自分たち個人があること、従業員あっての会社、国民あっての国家と言うのもを考えさせられる作品でした。

                                                        引用元:Amazon

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました